ワクワクメールでセフレを作るためのファーストメールの内容は

出会い系サイトを利用する場合、セックス目的だとしてもまずはそれを全面に出さないなどのアプローチのコツがあります。ここではワクワクメールでエッチまで繋げられるメール作成のポイントを紹介。
——————————————
出会い系でエッチな関係を築くためには、プロフィールの充実や写メの撮影方法など、いろいろなコツがあります。その中でも大事になってくるのが、ファーストメールを筆頭にしたアプローチメール。

基本的に実際に会ってしまえばそれからの展開は早いものです。しかし実際に出会うまでの過程が難しく失敗してしまう方が多いのです。ここではメールのコツを紹介します。

一人の異性に入れ込みすぎないこと

出会い系を攻略するアプローチの基本は、たった一人の異性ユーザーに入れ込みすぎないこと。返信が返ってきたりすると、ついつい嬉しくなりその相手にガンガンとメールを送ってしまう方が多いですが、ガツガツ感が強く感じられてしまうのです。

最初のアプローチメールは5人前後に送り、相手の返信などのリアクションを見て2人から3人という同時進行でコミュニケーションが取れる人数に絞ってやり取りをしましょう。

更にそこから実際に出会う意識がありそうな異性や、エッチも許してくれそうなフットワークの軽さや流されやすさを感じさせるような条件を整えている異性を2人程度押さえてやり取りを進めていきましょう。

最初は挨拶と名乗りだけ

最初から長文でダラダラと自己紹介や目的などをこれでもかと記載している方がいますが、一日に数十通もメッセージが届く女性ユーザーにとっては煩わしい以外の何物でもありません。

細かく書けば書くほどに誠実さをアピールできると勘違いされている方もいますが、実はこれは逆効果です。喋りではなく文書化していることで硬すぎる印象を与えてしまうのです。

本気過ぎてガツガツとしていて怖いという印象を抱かれると返信は返ってきません。ですから、ポイントのことは気になるかもしれませんが、ファーストメールでは軽い挨拶と自分がどのような人間なのかを軽く名乗る程度におさえておき、相手の出方を見ましょう。

プロフィールをチェックしてますアピールは忘れずに

女性ユーザーが最も嫌う男性ユーザーの特徴としては、「誰でもいいからヤリたい(会いたい)」感が強く見られるユーザーになります。

このため適当に選んだユーザーにコピペメールを送っているのではなく、しっかりと吟味したうえであなたを選びましたよということをアピールする必要があります。

その方法はファーストメールの中にプロフや掲示板などで書き込みをしている内容について質問をしたり共感をしたりすること。たったこれだけの作業を怠らないだけで返信率は驚くほどに違ってきます。