ワクメで女性との距離を一歩深めるためのコツ

ワクワクメールをセックス目的で利用する際、異性との距離をいかに接近させるかに頭を悩ませている方は多いもの。ここでは短時間で親近感を沸かせるためのメッセージ作成のコツについて紹介。
——————————————
出会い系を利用してエッチまで持ち込むには、いきなりエッチしようよとメッセージでアプローチをして成功するほど簡単なものではありません。通常の男女が出会う時と同じように自己紹介から始まり、信頼関係をある程度に築くという過程が必要です。

出会い系ではその全てをメッセージで行うことになるわけですが、どういった内容の会話をすれば距離が縮むのかが分からないという男性も少なくないでしょう。ここでは異性との距離を縮めるためのメッセージのコツを紹介。

女性を落とす会話パターンは決まっている

くどき上手なんてことを言われている男性も多くいますが、一体どのようにして女性を口説いているのか知りたいと思っている方も少なくありません。女性慣れしていない男性の場合、ハードルがかなり高いと思われがちですが、実はそんなことはないのです。

簡単に言ってしまうと、女性を落とす会話パターンというのは大体決まっており、それを参考にして経験を積めば誰でも口説けるようになります。

プライベートに突っ込んだ会話をする

会話の内容は何でもいいのですが、仕事でも趣味でも家族のことや恋愛の話といった面識のない人にはあまり深く語らないプライベートに突っ込んだ話でコミュニケーションを取ることが親密になるための一つのきっかけになります。

その他の他人には語らない話を共有できるというのは、秘密の共有という心理が働き、「特別な人」だったり「親しい人」という心理が無意識的に働くようになるからです。

いつも世間話で終わってしまうのではなく、プライベートに突っ込んだ内容に展開できる質問を一つだけでもいいので話すようにしましょう。

同意と共感が大事!意見は誰も求めていない

どんな会話の内容だったとしても、女性の話す意見に反論や独自の意見などを言うのはあまり賢いアクションではありません。特にエッチまで早く持っていきたいと思っているなら、あなたとのコミュニケーションが心地よいと感じさせる必要があります。

男性同士のコミュニケーションはディベート形式になることが多く、そこにいる全員が自分の意見を出し合い、何かしらの結論を出すことを目的とします。腹を立てて言い合いになることもありますが、終わればノーサイド。

しかし女性のそれは全く目的が違います。いくら自分と意見が違っていても、「それわかる」と同意したり、「わかっていてもやめられないんだよね」と共感するといったコミュニケーションが主体であり、決して結論を出すなどということが目的ではありません。

この男女間のコミュニケーションの違いを把握したうえで出会い系で会話を展開していなかいと「合わない人」という印象を持たれ肉体関係のような深い仲には展開できないわけです。