出会い系サイトで挨拶と名乗ることの重要さ

出会い系は面と面とを向かい合わせる必要がなく、文字を使ったメッセージを用いて異性の興味を惹き、関係を深めていくというツールになります。ポイントになってくるのは、やはりメッセージ内容です。

エッチ目的の場合であれば、尚更メッセージの内容には気をつけるべき。ここでは使えるメッセージとその意味について紹介します。

最初は挨拶をしてしっかりと自分を名乗ること

出会い系のメッセージとはいえ、礼儀を欠いていると感じられる人間と仲良くなりたいとは思わないものです。「こんにちは」や「はじめまして」というありきたりな挨拶でも、メッセージの冒頭にはきっちりと行うべきです。

挨拶をすることによって、「常識をわきまえた普通の人」という情報が相手にインプットされます。ですから面倒くさがらずメッセージの冒頭には挨拶文を入れるようにしましょう。

ニックネームでもいいのでしっかりと名乗ること

挨拶にプラスして記載しておきたい情報としては、ハンドルネームやニックネームでもいいので、「エリア」に住んでいる(働いている・よく出没する)「名前」ですといった文章を入れること。

イニシャルに設定している場合にはどう呼んでいいのかも分からなくなってしまうので、適当な名前で良いので呼びやすい名前を名乗るようにしましょう。こういったちょっとした気遣いができると、相手はきっちりとその優しさを感じてくれるものです。

たかが出会い系でしか使わないニックネームでも、しっかりと名乗るだけで相手には安心感を与えることができます。

人間同士というのは名前を呼び合うことで親近感をわかせる生き物です。メールのやり取りなどは面倒だし、早く出会ってホテルに行きエッチなことをしたいと焦る気持ちは分かります。

しかしこういった「当たり前のこと」をきっちりと面倒臭がらず行うことこそが、何よりも近道だということを覚えておくようにしましょう。

たった一つだけの質問をすること

挨拶と自己紹介だけのメッセージでは、相手も返信を返しづらいもの。そこで行っておきたいのはたった一つの質問です。ポイントは一つだけにしておくということ。

いくつも質問を一つのメッセージ内にこめると、まるで警察から尋問をされているような気がしますし、粘着質な感じも抱かれます。

プロフなどに記載がない場合には、「お仕事は何してるんですか?」といった質問や、プロフに趣味や興味関心のある内容が書かれていれば、それに対しての質問を一つだけ入れておきましょう。